中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)・・・現状、リターンが優秀で存在価値のあるアクティブファンド

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)は、日経ジャスダック平均株価参考指数とする、日本の中小型株式に投資するアクティブファンドです。

2014年3月10日より運用されており、運用方針は以下となっています。

「相対的に時価総額が中小型規模の株式に投資を行う」
「高い技術力、優れた商品開発力、特徴あるビジネスモデル、事業構造の改革などにより、飛躍的な成長が期待される企業の株式を選別」

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)


運用目標を上回るのがアクティブファンドの唯一にして最大の使命であり、その意味で運用成績を眺めてみると、リターンは参考指数を大きく上回っており、優秀なアクティブファンドであると評価する事ができます。


(2019年6月24日追加)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)の基本的情報

このファンドの基本情報

項目 内容
購入単位 証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券など主要ネット証券では100円より購入可能。
信託報酬 年率0.85%(税抜)
信託財産留保額 なし
運用期間 2024年3月4日まで(10年間)
決算 年2回(3月4日、9月4日)。設定来、分配金は一度も出さず効率的に運用されています。
ファンド運用方式 中小型成長株オープンが直接、日本の株式に投資しています。

中小型成長株オープン ファンドの仕組み
運用会社 岡三アセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ なし(投資対象に為替リスクはありません)


このファンドのポートフォリオなど

2019年5月31日時点で、東証一部上場銘柄以外に、ジャスダック、マザーズ市場の銘柄も合わせ計32銘柄に投資しています。市場別組入比率、組入上位10業種、組入上位10銘柄の構成比率はそれぞれ以下の通りです。

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン) 市場別組入比率、組入上位10業種、組入上位10銘柄の構成比率



中小型成長株オープン(スモール・モンスターズ・ジャパン)、管理人の感想や評価

参考指数を大きく上回る優秀なアクティブファンド

中小型成長株オープンの設定来(2014年3月10日~の過去約5年3ヵ月)のリターンは、日経ジャスダック平均株価を以下のように大きく上回っています。

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン) 参考指数との期間別の騰落率比較


参考指数である日経ジャスダック平均株価の現在の予想配当利回りは年1.65%なので、設定来の約5年程度の配当落ち分(1.65%×5年=約8.2%)を考慮しても、日経ジャスダック平均株価の配当込指数を大きく上回る優秀なアクティブファンドです。

アクティブファンドの存在価値はベンチマークを上回るリターンを上げることですから、その意味では、本ファンドは存在価値のあるアクティブファンドと言えます。

ただ、優秀な運用成績とはいえ、モーニングスターでの本ファンドの分類である「国内小型グロース」株式の平均的な数値とはほぼ似たようなリターンとなっています。

国内小型グロース株の平均値と、中小型成長株オープン(スモール・モンスターズ・ジャパン)とのリターン比較


と言う事は、更にリターンが良い投資信託がいくつも存在するという事ですから、気になる人はモーニングスターを使って、このカテゴリーで検索してみて下さい。

ただし、過去のリターンは今後のリターンと無関係であり、将来も良好なリターンが出せるかは分からないことには注意です。過度の期待を寄せる事は、投資においては命取りになりかねません。


中小型株への集中投資はリスク大

中小型株に集中投資するのは、小型株効果による高リターンを狙える一方で、リスク(価格変動)が大きいことには注意が必要です。

しかも中小型成長株オープンは、現在わずか中小型株32銘柄のみに投資しており、分散が効いていません。景気が悪い時には、大型株よりも値動きが激しいことは覚悟しておきましょう。

最近のように株式市場が好調な時はリターンにばかり目が行きますが、下落相場では想像をはるかに超える下落となります。小型株に投資しすぎる事で、リスク許容度をオーバーしていないか、常に自問自答して下さい。

信託報酬も0.85%と高めである点も、投資のコアのファンドにするのは難しい点と言えます。

資産形成は低コストと幅広い分散が基本ですから、アセットアロケーションの決定後の日本株式部分には、お勧めの日本株式インデックスファンドにあるような、投資対象に十分分散が効いた、低コストのファンドをメインとすべきでしょう。



中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)の購入先

中小型成長株オープン(愛称:スモール・モンスターズ・ジャパン)をノーロードで購入できる証券会社・銀行は以下の通りです。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券松井証券岡三オンライン証券立花証券ストックハウス


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る