Smart-i 新興国株式インデックス・・・低コストだがマイナーな存在

Smart-i 新興国株式インデックスは、MSCIエマージング・マーケット指数(配当込み)をベンチマークとする新興国株式インデックスファンドです。2017年8月29日より運用が始まりました。

りそなアセットマネジメントが2018年開始のつみたてNISA用に作ったSmart-iインデックスシリーズのうちの新興国株式インデックスファンドです。

信託報酬は低いですが、最安という訳ではなく、めだたない存在のファンドとなっています。

(2018年1月1日)


 


Smart-i 新興国株式インデックスの基本的情報

購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券楽天証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.34%(税抜)
信託財産留保額:なし
決算:年1回(6月25日)
資産配分比率:新興国株式以下の構成比率で投資(2017年11月30日時点)

国や地域別配分、組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

Smart-i 新興国株式インデックス 国や地域別配分、組入上位10銘柄の構成比率


償還日:無期限
運用:りそなアセットマネジメント株式会社
為替ヘッジ:なし


「RAM新興国株式マザーファンド」にファミリーファンド形式で投資します。

Smart-i 新興国株式インデックス ファミリーファンド方式構造



Smart-i 新興国株式インデックス、管理人の感想と評価

純資産が少なく、あまりにもマイナーなインデックスファンド

りそなアセットマネジメントが設定した、超低コストのインデックスファンドシリーズであるSmart-i インデックスシリーズの新興国株式インデックスファンドです。純資産がまだ100万円と、Smart-i 先進国株式インデックス同様の純資産しかないマイナーなファンドです。

しかも、新興国株式インデックスファンドとして信託報酬0.34%は最安というわけではなく、現時点ではeMAXIS Slim 新興国株式インデックスが信託報酬0.19%と最安です。

新興国株式ファンドは、信託報酬だけでなくその他費用も合わせた実質コストもファンドにより異なることが多く、運用報告書にて確認する必要がありますが、本ファンドは純資産も少なく、実質コストも高めとなる可能性があります。

アセットアロケーション決定後、新興国株式クラスについて、普通に主要ネット証券で購入する時はeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを選びましょう。

もしもどうしてもりそな銀行で投資信託を買わねばならないような特殊な事情がある場合以外は、特に本ファンドを選ぶ理由は見当たりません。



Smart-i 新興国株式インデックスの購入先

Smart-i 新興国株式インデックスをノーロードで購入できる証券会社・銀行は、下記の通りです。

SBI証券楽天証券、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る