S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国)とはどんな指数か?

S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国)(S&Pインターナショナル・ソブリン債指数(除く米国)、S&P International Sovereign Ex-U.S. Bond Index)は、 S&P ダウジョーンズ・インディシーズ 社が算出・公表している、米国を除く先進国国債市場全体の値動きを表す指数で、2001年5月31日より指数算出が開始されました。

(米国を除く)日本含む先進国の満期までの残存期間が1年以上の国債756銘柄(2019年9月13日時点)で構成される、時価総額加重平均指数(米ドル建て、利子込み)です。指数全体の利子利回りは年0.20%、修正デュレーションは9.15年(2019年9月13日時点)です。

国別構成比率、債券種別構成比率、組入上位10銘柄の構成比率はそれぞれ以下の通りです。


 


S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国)の国別構成比率

計17ヶ国の国別構成比率は下記の通りです。(2019年9月12日時点)
日本の22.4%を筆頭に、フランス、イタリア、イギリスが続きます。

投資国 組入比率
 日本  22.4%
 フランス  7.9%
 イタリア  7.2%
 イギリス(英国)  4.8%
 ベルギー  4.8%
 オランダ  4.7%
 カナダ  4.7%
 オーストラリア  4.7%
 ポルトガル  4.7%
 オーストリア  4.7%
 スペイン  4.6%
 ドイツ  4.5%
 アイルランド  4.2%
 フィンランド  3.3%
 デンマーク  3.0%
 スウェーデン  1.9%
 ノルウェー  1.3%



S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国) 債券種別構成比率

債券種別別構成比率は以下の通りです。国債のみを投資対象としています。

債券種別 組入比率
 国債  100%



S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国) 組入上位10銘柄の構成比率

本指数に組み入れられている上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2019年9月12日時点)

銘柄 組入比率
 デンマーク国債  1.2%
 アイルランド国債  0.6%
 ポルトガル国債  0.5%
 ポルトガル国債  0.5%
 オーストリア国債  0.5%
 ポルトガル国債  0.5%
 オランダ国債  0.5%
 デンマーク国債  0.4%
 ポルトガル国債  0.4%
 アイルランド国債  0.4%



S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国)をベンチマークや参考指数としているファンド

S&Pインターナショナル・ソブリン・ボンド・インデックス(除く米国)をベンチマークとするファンドはありませんが、海外ETFとしては以下があります。

ETF 総経費率
i シェアーズ・世界国債(除く米国)・ETF (IGOV) 0.35%


【関連ファンド】

⇒ EXE-i 先進国債券ファンド


(2019年9月16日追加)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る